ンンンパ

ふとしです

Go 言語でつくったボットを GitHub -> CircleCI -> Bluemix と自動デプロイできるようにした

Golang でのボット作成では、1 個目は自 PC で動かすことしか考えていませんでしたが、2 個目はきちんとどこかにデプロイすることを目標に作成していましたので、ついでに自動でやれるようにしました。

Heroku では 24 時間稼働のボット用途には不向きだと思われたので、IBM Bluemix にデプロイ先に選びました。Bluemix もデフォルトで Golang をサポートしていますが、ビルトインの buildpack だと Godeps のバージョンをきちんと読んでくれなかったり (これは気のせいかもしれない) したのでgithub にあるものを利用したりして色々とあれでしたが、うまく行きました。

circle.yml の様子。

machine:
  environment:
    REPO_ROOT: "${HOME}/.go_workspace/src/YOUR_DOMAIN/YOUR_PACKAGE_DIR"

dependencies:
  pre:
    - mkdir -p ${REPO_ROOT}
    - cp -rf ./* ${REPO_ROOT}
    - go get github.com/tools/godep
    - curl -v -L -o cf-cli_amd64.deb 'https://cli.run.pivotal.io/stable?release=debian64&source=github'
    - sudo dpkg -i cf-cli_amd64.deb
    - cf -v

test:
  pre:
    - go vet ./...
  override:
    - cd ${REPO_ROOT} && godep go test ./...
  post:
    - cf api https://api.au-syd.bluemix.net
    - cf login -u $BLUEMIX_USER -p $BLUEMIX_PASSWORD
    - cf target -o $BLUEMIX_ORG -s $BLUEMIX_SPACE
    - cf a

deployment:
  production:
    branch: master
    commands:
      - cf push APP_NAME -b https://github.com/cloudfoundry/go-buildpack.git

とにかくプッシュ、テスト、デプロイまでをやれるようにとツギハギしたので、まだ無駄があると思いますが、とりあえずこれでアップできます。

つまずきポイントとしては、

  • ${HOME}/.go_workspace/src/ へリポジトリを展開しないと、go get -t -d -v ./... でリモートからパッケージ fetch しようとして死んだ (YOUR_DOMAIN を github ではないところにしているため、みつからない)
  • cf api でエリア指定を間違えた (だいたいの例はアメリカ南部になっているが、シドニーを使っている)
  • cf のインターフェースが gem install cf のものとちょっとちがう

などがありました。

基本的にはテストが通ったら cf で Bluemix にデプロイするというだけなので、すでに cf でのデプロイを済ませている人は、設定の際にあらためて考えることはない感じですね。