ンンンパ

1年間無職だった

RSpec とか Capybara の Example 内で使いたいメソッドをクラス単位でまとめて使いやすくする gem を書いた。

これ

github.com

先週の gem は 80 行ぐらいだったんですが、今回は 40 行です。

なぜ

入社してからこっち、ずっと Vue.js で SPA 制作という業務に従事していましたが、UI 系の宿命で (一部しか) テストがない。

そんななかで、わりと分岐の多い (難しくはない) 実装をすることになって、これは手作業では (変更の都度に) 確認しきれんなということで Capybara に出張ってもらっていました。テスト維持コスト問題というものがあるので、業務リポジトリには入っていない、ローカルでのみ存在する Capybara です。かわいいよ。

そんななかで findall を直書きしていると、途中での変更抜きにしても、見栄えがとてもつらいことになります。

経路によっては他の Example にも出てくるので、メソッド化をするわけですが、しかし、ページごとにちがう submit_button があったりするので、 registration_page_submit_buttonshopping_cart_submit_button など、なんとかして名前をかえていく必要がありまして、これが読みづらい。

というわけで Registration.submit_buttonShoppingCart.submit_button というように簡単にわけられるようにしました。

これが

def registration_page_submit_button
  find('button', text: 'Register Now!')
end

def shopping_cart_submit_button
  find('button', text: 'Buy Now!')
end

feature 'register then buy' do
  scenario do
    visit '/resistration'
    
    # input data to some form
    
    registration_page_submit_button.click

    visit '/cart'
    
    # input data to some form
    
    shopping_cart_submit_button.click
  end
end

こうなる

class RegistrationPage < RSpecMethodGrouping::Base
  def submit_button
   find('button', text: 'Register Now!')
  end
end
class ShoppingCart < RSpecMethodGrouping::Base
  def submit_button
   find('button', text: 'Buy Now!')
  end
end
feature 'register then buy' do
  scenario do
    visit '/resistration'
    
    # input data to some form
    
    RegistrationPage.submit_button.click
    
    visit '/cart'
    
    # input data to some form
    
    ShoppingCart.submit_button.click
  end
end

よみやすい!

かどうかは人によるかと思いますが、メソッドの管理がしやすくなったのでヨシとします。

この量ではわかりにくいかもしれませんが、他画面遷移 + 要素めちゃ多いとかになると、結構効いてきます。

テスト内の隠蔽どうなの問題

テストに使うデータを過度に隠蔽すると、テストの意図まで隠蔽されて、まるでわからないという問題があります。

しかし、これは、テストの主題ではなく、ページ内の要素を特定しておく (変更時はイッパツで対応できる) のが主目的なので、特に問題ないと思います。

もりもり Capybara でスクリーンショットを撮っていきましょう。