ンンンパ

1年間無職だった

RailsのControllerからSweetAlert呼び出せるやつ書いた。

最終出社を済ませ、母と妹に詳細を知らせ、本格的に無職になりました。

こんな感じで雑に呼び出せるのでroughという名を関してます。

github.com

def create
  User.create!(user_params)
rescue ActiveRecord::RecordInvalid => e
  swal{ error '不正な値が含まれています', '項目を確認の上、再度送信してください' }
  @user = e.record
end

きっかけ

退職直前に関わってたプロジェクトは本当にだめで、CURDにおいても画面が遷移後何が起こったかわからない感じでした。例えばCの後にindexに戻るなら「まだ」わかるかもしれないのですが、全然別の画面に飛びます(エラーで真っ白とかね)。

想定されるユーザーはPC慣れしていないシニア層だったので、マイクロインタラクションにおけるフィードバックは大げさにでも行うべきだと思って、まずControllerから呼び出せるやつを書きました。せっかくなのでそれをgemにした次第です。

今回のgemでの学び

著名なモジュールではconfigureメソッドが用意されているので、それをこのgemにもいれました。デフォルト値や、プリセットのメソッドを設定するのに使いました。

こうやって標準的に有名なモジュールが普通に備えてる機能を取り入れるときにコードをちゃんと読んで真似すると良いのかもしれない。