読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ンンンパ

1年間無職だった

Go 言語でつくったもののメモリとかをなんとなく見れるようにする

golang 日記

pprof を用いた詳細な情報を得る方法はさんざん紹介されており、しかしその詳細の情報のどこを見ればいいのかわからないので、とにかく簡単に見れるような施策を打ってみました。

f:id:mmmpa:20161202202126g:plain

これは社の Slack で動いてるボットの一つの強制停止画面ですが、ボットは継続して動いているので、メモリリークなどが気になるところです。ということで、グラフかつ、前後の増減がスッと把握できるようにしました。(これは短期すぎて役に立たなさそうですが)

グラフの描画は雑に C3.js で行っており雑な JavaScript なので特にあらためて何もないのですが、グラフを描画する用のデータ配列に関しては、今後もちゃんと把握して真面目に実装していきたいので、package 化して再利用できるようにしました。

github.com

go heaper.Run(1, 60)

http.HandleFunc("/heaps", func(w http.ResponseWriter, req *http.Request) {
    heaps, _ := json.Marshal(heaper.Read())
    w.Header().Set("Content-Type", "application/json")
    w.Write(heaps)
})

こんな感じで pprof.WriteHeapProfile で得られる情報を任意の間隔 (1 sec)、任意の量 (60) ためておき、見れるという感じで、今後、どこを見ればいいのかわかるようになれば、それなりに役に立ってくれるはずです、多分。ただ単に画面が動いてるのが好きなのでやってみたという気がしないでもない。