ンンンパ

1年間無職だった

角川インターネット講座第1巻「インターネットの基礎」読んだ。

21600円が2700円になっており、レビューも悪くなさそうなので買った。

定価ではどう考えてもめちゃくちゃ高い読み物本。

しかしこの値段なら、タイトルで釣ったり自分の経歴を盛ったりするような山師じゃなくてバックグラウンドがちゃんとしている著者がほとんどなので、安心して楽しめる(たぶん)。

プロジェクトインターネット

前半は今のインターネットにいたるまでの歴史が語られる。

世界中とつながるまでの色々な出来事が、直接関わっていた人間の口から語られるので、おもしろくないはずがなかった。

インターネットが発展する上で通底してる考え方や、問題をどう解決してきたかなどなど、おもしろい。

開発者向けではなさそう

多分このシリーズ全体がそうなんだろうけど、読みやすい分それだけの濃さという感じがする。

開発者ではなく、なんとなくやってきたホームページ屋さんが現状を知るとか、ネット事業に参入しようとしてるけどあまり詳しくない人とか、そういう人がなんとなく「インターネット」を知るのに向いていると思う。

あと俺みたいな、やっていってはいるけど、基礎知識が穴だらけの人間にもおすすめ。

でももうセール終わってるのか。

買っておいてよかった。