読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ンンンパ

1年間無職だった

Ubuntu 14.04 LTS + VMware Workstation で VMware Tools による共有フォルダが有効にならなくて困った。

Linux VMware

HGFS というやつが動いていないのが原因で、UbuntuVMware の伝統的な問題みたいです。いまは github で patch が手に入るので、わがでソースに手を入れなくても対処できるようです。

【追記】
Debian(jessie)でも同じく共有ができませんでしたが、同じ方法で対処できました。

以下に載っていた手順です。
HGFS not working on Kali Linux | VMware Communities

パッチ入手

git clone https://github.com/rasa/vmware-tools-patches.git

して patches ディレクトリから vmhgfs 以外を削除。

VMtools をコピー

VMware Workstation のメニューから VMtools のインストールを選んでマウントした後、vmware-tools-patches 直下に VMwareTools 解凍前の tar をコピーする。

cd vmware-tools-patches
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
cp /mnt/cdrom/VMwareTools-9.2.4-1398046.tar.gz VMwareTools-9.2.4-1398046.tar.gz

ゴー

untar-and-patch-and-compile.sh を走らせればあとはよしなにしてくれるというあんばいです。

chmod 700 untar-and-patch-and-compile.sh 
./untar-and-patch-and-compile.sh

3年ぐらい放置してた問題が解決しました(Samba で凌いでたので遅かったりした)。


マウント位置をかえる

こう。

mount -t vmhgfs .host:/ホスト側の名前 /home/mmmpa/share_dir